マッチングアプリで会うときは注意が必要です。

恋活アプリ

 

大手のマッチングアプリだと、100万人以上の方が登録しています。

 

海外で有名なマッチドットコムだと、全世界になりますが、1500万人以上の方が登録しています。

 

それくらい、今はマッチングアプリでの出会いが普通になっています。

 

ですが、その反面、メッセージでのやり取りしかしていないので、出会うときは注意しなければなりません。

 

アプリ内では会社も助けてくれますが、その後、男性と会うときは全て自己責任となります。

 

そのため、自分を守るためにも、最低限のことをしておくことをおすすめします。

 

  1. 明るい時間に会う。
  2. 誰かに伝えておく
  3. 人の少ないところには行かない
  4. 車には乗らない
  5. 夜会うときは駅から近いところにする
  6. カラオケなど2人きりになる場所は避ける

 

このくらいの最低限はしておけば、安心できるかと思います。

 

私は基本的には初めて会う人とは、夜に会うことはしません。

 

用事があることを最初に伝えて、ランチやカフェで2〜3時間ほど話した後に帰ります。

 

また、土地勘がない駅だと不安になるので、相手の男性の方に私がよく知っている駅を伝えます。

 

普通は相手の男性から聞かれると思いますが、たまに聞かれない、または指定されることがあるので、そこははっきりとNOと言ったほうが、安心して会うことができます。

 

 

基本的には、知り合いや友達以外の方と会うときの対処方法と同じなので、普段からされている方も多いと思います。

 

私の場合、会う男性は良い人が多かったですし、友達も真面目な人が多いという話だったので、警戒しすぎる必要なないけど、気をつけるに越したことはありません。

 

自分の身を守れるのは自分しかないので、気をつけつつ楽しみましょう!

 

↓稼いでいる男性を見つける恋活アプリ
>>高収入の男性が登録しているマッチングアプリを紹介!